本文へスキップ

最先端の義歯(入れ歯・総入れ歯)、インプラント治療を行う千葉県の平沼歯科医院

入れ歯のご相談は 0475-54-4182 [直通.080-5480-4182]

日曜・祝日診療 〒283-0005 千葉県東金市田間3-24-12

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

はじめに

当院へは、「以前、自費で高い入れ歯を作ったけど駄目だった。」と相談に来られる患者様が多いのですが、保険適用外の良い材料を使っただけで、保険の入れ歯と作り方が同じでは、ピッタリと自分に合った入れ歯を手に入れることはできません。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いとは!?

〜 材料だけの差ではありません 〜

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いのひとつは、『材料』の違いです。
保険治療には制限があり、機能回復のみに重点を置いているため、自費の入れ歯の様に、見た目が良く高品質な材料を使うことができません。
しかしながら、良い材料を使ったというだけでは、ピッタリと自分に合った入れ歯を手に入れることはできません。

次に、保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは、『技術レベルと治療時間』の違いです。
当院の自費の入れ歯治療は、熟練した高い技術で患者様ひとり一人に十分な時間をかけて行うことができます。
大勢の保険の患者さんの合間に、自費の入れ歯つくりを短時間にこなすようでは、時間をかけた丁寧な診療はできず、精密な入れ歯はなかなかできません。
保険では、作業による点数があるため、同じことを何度も納得いくまで繰り返すような治療はしません。いかに早く仕上げるかに重点が置かれます。

当院の入れ歯治療は、自由診療であるゆえ制約にとらわれず、十分な時間をかけ、技術を存分に駆使し、オーダーメイド入れ歯を作っていくことが可能です。
納得できるまで、何度も修正を加え、何度でも調整して十分に時間をかけて治療していきます。

義歯・デンチャー     義歯・デンチャー
保険の入れ歯 自費の入れ歯
メリット ・安価である
・治療期間が短い
・高品質で、見た目・付け心地・耐久性に優れている
・保険の制約が無いため一人ひとりにぴったりと合う精度の高いものが作れる
デメリット ・歯の色・形・素材全てに制約があり選択肢が少ない
・素材はプラスチック(レジン)に限られるため、分厚くて見た目・付け心地共に良くない
保険の入れ歯と比べて高価である

入れ歯の料金

 治療費一覧はこちら


無料メール相談はこちらから

平沼歯科医院

  〒283-0005
  千葉県東金市田間3-24-12

    院長 平沼久
    TEL 0475-54-4182
    MOBILE 080-5480-4182
    無料メール相談はこちら
    入れ歯・義歯(デンチャー)は千葉県の平沼歯科医院
    日曜・祝日診療

支払い方法

・ローン支払い可
・各種クレジットカード取扱
クレジットカード支払い可能 歯科医院


< 平沼歯科医院関連サイト >


インプラント 千葉
審美歯科・ホワイトニング・セラミック矯正 千葉
サイトマップ →
平沼歯科医院 google+ →